View Single Post
Old 2011-09-02, 13:58   Link #191
Iby
minority spirit(?)
*Fansubber
 
 
Join Date: May 2011
Location: Hyakka Ryoran
Age: 24
Send a message via ICQ to Iby
So, I processed all these magazine pages and gonna dump all what I've got.
I'll start slowly translating all this staff (if somebody want quick translation, they can get this text through google translator to get similar result with that from my post above), and any help with translating or editing my stuff will be highly appreciated.
I hope there are several people on this forum interested in this series with some knowledge of japanese and free time in the stock like me...

Void
  • ヴォイド
    "王の刻印"を持つ者が、人の遺伝子情報を読み取って、体の中から取り出せる武器。
    取り出された本人のパーソナリティーを反映した形をしている。
  • 「ヴォイド」って何ですか?
    「集」が手に入れた能力。
    他人の体から個性に応じた物品を引き出すことができる。
    「いのり」から引き出せるアイテムは剣。
    アイテムの能力(威力)は相手との親密度で上下するので、「集」はいろんな相手と仲良くしない といけない。
    (アニプレックス・「大山良」プロデューサー)
  • 絆で戦う「ヴォイド」アクション
    「王の力」とは、仲間の遺伝子情報から、武器「ヴォイド」を生成し、取り出す能力。
    この力を得たことで、「集」は戦いに巻き込まれていく。
    「『ヴォイド』とは人の本質を引き出す力です。
    人によっては強力な武器が出てくるかもしれないし、人によってはヤカン(笑)のように戦闘には使えないもの を引き出してしまうことがあります。
    また、お互いの関係性が強くなると、引き出される武器が強化されるという要素もあります。
    絆を深く結ぶことが強さになるんです」。
  • 奇想天外な「ヴォイド」
    「リアルな人間ドラマを描くために、あえて設定は奇抜なものにした」と「吉野さん」。
    王道で直球な物語に比べ、まるで変化球のような設定が、人間の体内から取り出される武器「ヴォ イド」だ。
    剣のような武器らしいモノから、ペットボトルのような戦いとはかけ離れたモノまで、「ヴォイド」は千差万別 。
    それを「集」がいかに使いこなすのか?
  • 「友達が武器」
    「ヴォイド」をより有効に使うためには、「集」と「ヴォイド」を取り出される人との関係性が重 要。
    そういう意味でも「友達」はキーワードだが、「吉野さん」によるとそれに加えて「友達とは何か、自分とは何 か」という普遍的な問いもこの作品のキーになるという。
    誰もが心に抱える友人関係の悩み「集たち」の心情に共感できるはず!

Characters
桜満集
  • 人付き合い苦手な少年。
    友が達らしき人は学校に何人かいるが、深く関わりたくないと思っている。
    「いのり」と出会い、「ヴォイド」能力を手に入れたことで、戦いに巻き込まれていく。
  • 17歳。
    天王洲第一高校に通っている。
    レジスタンス組織「葬儀社」の「涯」や「いのり」との出会いを経て、その右腕に「王の力」を宿 す。
  • 天王洲第一高校に通う17歳。
    どこか冷めており、人の顔色を読んで人づきあいしてきた。
    「いのり」や「涯」と出会い、「王の能力」を身につける。
  • Boy meets friends
    友達から取り出されるという武 器=〈ヴォイド〉は、ドラマを 左右する重要な設定だ。
    多くの相手と深い絆を築けば、それだけ威力とバリエーションに富んだ〈ヴォイド〉を手に入れられることにな るが……。
    他人との深い関わりを嫌う「集」は、幼なじみの「祭」や、「綾瀬」や「ツグミ」など「葬儀社」のメンバーと 、"友達”の絆を深めることができるのか?
  • ストレートな成長物語
    人付き合いが苦手で、自分を隠し周囲に同化することで字園生活をやり過ごしている「集」。
    だが「王の能力」を手に入れたことで、彼は否応なく主体性を求められることになる。
    「涯」との出会い、「ヴォイド」を取り出す相手との人間関係、そして戦い――平凡な日々だった少年に変化が 訪れる。
    この作品には、王道の成長物語が描かれているのだ。
  • 天王洲第一高校に通うごく普通の17歳。
    人付き合いは苦手だが、周りの空気を読むのはうまい。
    「王の能力」を手に入れることに。

楪いのり
  • ネット上で若者に絶大な人気を博している音楽ユニット「エゴイスト」のボーカリスト。
    偶然出会った「集」に「ヴォイド」の能力を託す。
    実は「涯」の組織「葬儀社」の主要メンバーのひとり。
  • WEB上で人気のアーティスト・「エゴイスト」のボーカル。
    レジスタンス組織「葬儀社」の一員でもある。
    その出生は謎に包まれている。
  • 謎多き歌姫・「いのり」
    今回掲載したイラストで、「集」が「ヴォイド」を取り出している少女・「いのり」。
    WEB上の人気のアーティスト集団「エゴイスト」のボーカルであり、「集」のあこがれの存在でもある 。
    彼女を演じるのは人気急上昇中の「茅野愛衣」。
    「「いのり」は感情をあまり表に出さないタイプの少女です」(大山P)。
    胸に秘めた、「いのり」の思いとはいったい何なのか。
    「集」は一歩ずつその核心へ接近していく。
  • ネット上の人気グループ「エゴイスト」のボーカルで、「集」にとって憧れの存在。
    実は「葬儀社」の一員であり、「集」の運命を変えていく。
  • ウェブアーティスト『エゴイスト」のヴォーカルであり、「葬儀社」の一員。
    感情を表に出さないクールな少女で、出生にも謎が多い。

恙神涯
  • 反GHQレジスタンス組織「葬儀社」のリーダー。
    人望があり、人を動かすことに長けている。
    一般の日本人が知らない「GHQの陰謀」に気づき、それを阻止するために戦っている。
  • 超国家機関GHQの統治下にある日本で、独立をうたうレジスタンス組織を率いる、若き首領。
    「集」と同じく17歳。
    「集」を戦いへ導く。
  • 日本独立を謳うレジスタンス「葬儀社」の首領。
    「王の能力」を持ってしまった「集」を導き革命の成功を目指す、若きカリスマ指導者。

供奉院亞里沙
  • 供奉院アリサ
    「生徒会長のアリサは、僕がおねだりして登場させたキャラ」と「大山さん」。
    「せっかくオリジナルだし、やりたいことを1つずつ入れよう」ということになったそうで、そんなスタッフ陣 の「趣味」の発露も本作の注目点!?
    なお、「大山さん」が「アリサ」で描きたいことは「高貴な女性が……」。
    「……」に何が入るのかは、本編をお楽しみに!

Story
  • 日本はどうなっているのですか?
    この作品の日本は「ロストクリスマス」と呼ばれる大規模細菌漏洩で政治機能を失い、GHQ(多国籍軍総司令 部)の保護下にある。
    「涯」のレジスタンス組織「葬儀社」はGHQに反旗を翻しているのだが、その理由はまだ不明だ 。
  • 管理された中で送る学園生活
    物語の舞台は、10年前にウィルス渦「ロストクリスマス」が起き、パニツ クに落ちた日本。
    その後、国際連合の組織「GHQ」に統治されることで復興の道をたどっている。
    東京の六本木には「GHQ」の兵士が武装し、人々を監視中。
    そんな状況下で集は高校へ通っている。
    「「集」が通ってい天王洲一高はわりとエリート校でGHQの圧力を多少は感じていながら、比較的平穏な毎日 を過ごしています。
    ただし、世の中にはGHQの行動に陰謀を感じている者もいて、「葬儀社」のような組織がレジスタンス活動を 実施しています」。
    (大山P)

And here is not so needed information about staff and opinions of other people:
Scan
  • 巨大な剣は、いのりの体から「引き抜いた」もの。
    「いのり」との仲を進展させないと、剣の本来の威力を発揮できないらしいが……。

Seiyu
  • キャスト発表!「梶」&「中付」がタッグ
    「王の力」を得る「桜満集」と「葬儀社」を率いる「恙神涯」(つつがみ・がい)。
    憂鬱な高校生活を送る集と、レジスタンス活動をする涯が出会うとき、ドラマが始まる。
    2人を演じるのは「梶裕貴」と「中村悠一」。
    キャスティングに参加した「大山P」は指名した理由を「2人の相性」と語る。
    「オーディションのあとにほぼ満場一致で決まりました。
    「集」は優しさの中に芯の強さがあり、「涯」は厳しさの中に優しさがある。
    「荒木」監督は声の印象を観察していたようです」。

Animation staff
  • 「I.G6課」が挑む意欲作
    アニメーション制作は、Production I.G。
    その6課が担当している。
    「『君に届け』や『戦国BASARA』を手がけている「中武哲也P」を中心としたチームです。
    若いスタッフが多く、新しいProduction I.Gのカラーをつくりだそうとする勢いがあります。
    今回、キャラクターデザインを「加藤裕美さん」が担当していますが、redjuiceさんのキャラクター原 案を繊細なタッチでアニメーション用にデザインしていただきました。
    そのこだわりを映像でぜひ楽しみにしてください」。
    (大山P)
  • 「大山良」プロデューサー
    「鋼の錬金術師」「DARKER THAN BLACK」などを手掛けてきた「大山さん」。
    それらの作品を経て、あらためて「能力者もの」を、そして「ゲノム(遺伝子)」を題材に2011年の「現在 」と呼応したオリジナルを作りたいと考えたのが、今回の出発点だったそうだ。
    このテーマを「荒木」監督や「吉野さん」にぶつけた結果、生まれたのが本作の世界観なのだ。

私たちもHEAT UP!
SKE48二次元同好会
  • 「なんといってもニコ動で有名なsupercellの「ryoさん」とかが参加しているってこ と。
    それから、キャラの容姿とかもすごくきれいで、これがどうやってアニメで動画になるのか気にな ります」。
    (中西優香)
  • 「私の趣味なんですけど、こういったストーリーが好きなんですよ。
    あとは絵、絵にひかれましたね。
    スタッフさんが衆華ですよね。
    けっこう私が見ていた作品の人が携わっていて。
    すごく見てみたいと思います」。
    (松下唯)

アニメイト
  • 「プロダクションI.Gの新作は、アクションシーンに超期待!
    『罪の王冠』『ヴォイド』といった単語に厨二心をくすぐられます。
    孤独な主人公が戦いを通じて、どんな友達との絆を得ていくのか、とても楽しみです」。
    (池袋本店AV仕入担当)

Last edited by Iby; 2011-09-06 at 10:35.
Iby is offline   Reply With Quote